自費出版は本を出版する人自身が出版経費を全額自腹で払って出版する方法です。その自費出版をする人の目的は様々でなんらかの研究成果などを発表してみたり、趣味で何かしらの作品を書いてみたり、自分史などを書いてみたりなどいろいろであります。そんな自分のために自腹で出版している自費出版を利用する際に気を付けないとならないのは出版する際に文章の校正でダメだしがかなり来るということです。それは漢字が間違っているにはじまり、文章の使い方をこうしろとかなど細かい指摘が山のように来るのです。そしてそれを何度も修正して出版に至るのです。そのため校正を学習するという観点からはいい経験ができるかもしれません。ただし自分の我意識が強く過ぎる場合はこの利用はあまりお勧めできません。いくら全額自腹でやっているからといっても、それのために出版社とトラブルになってしまうことが多分に予想されるからです。なのでこれを利用するときには全額自腹支払でも丁重かつ真摯な気持ちと態度で臨まないとダメなのです。

自費出版のメリットについて

小説家になりたいだとか、自分で書き上げた本を実際に本屋の店舗で売りたいと一度は思ったことがある方というのは、多いかと思います。自分で書き上げた本が本屋に実際に並ぶなんてことは、かなり気持ちの良いことであります。しかも、直接売り込む自費出版で本を出したいと思う方もいると思います。その理由として、自費出版で本を出すことにメリットを感じているからだと思います。そこで、そのメリットについて紹介したいと思います。自費出版のメリットは、まずはなんといっても自分だけのオリジナルの本を作ることができるため、後々一生の思い出として残るということであります。自分で書き上げたオリジナルの本というのは、世界で探してもたった一つしかないので、一生の記念になります。他のメリットとしては、オリジナルの本の表紙や本文紙や装丁などを自分がしたいようにできることです。これによって、個性がより一層引き出せるのです。

自費出版は儲けるよりも自分の名を上げるためのもの

自費出版で本を出せばかなり儲けることができるのではと考えている方もいますが、実際は儲けるのはかなり難しいと思います。自費出版で生計を立ててる人は、ほとんどいないと思います。それは、生計を立てられるほどの印税収入を中々得るのが難しいからです。ですから、お金の得る目的で行うには、あまりにリスクが高い出版方法であります。そもそも自費出版で本を出す人というのは、初めから儲けるために行っているわけではないのです。自費で自分が書き上げた本を出版したい方の多くは、作家を目指している方が多いので、自分自身の名前を世間の人々に知ってもらうためのきっかけとして捉えています。自分自身の名前が多くの方に知ってもらえれば、後々の作家としての道に大きくプラスに働くと考えていますので、お金の利益というよりも自分自身の名を上げる目的の方が強いと思います。

少部数印刷はオンデマンド印刷で格安で可能です。 電子書籍のデータをオンデマンド印刷にし、紙として出版致します。 ファイストゥファイスを大事にしております。弊社のご来社いただければ自費出版に関して、お悩み相談も致します。 出版費用に関しては委託配本型、注文配本型、紙家版、電子出版など様々ございます。 出版者を紹介いただき成約の場合謝礼を差し上げます。 自費出版は風詠社にお任せください